三条市体育協会規則|一般社団法人三条市体育協会

サイトマップお問い合わせ
三条市総合型地域スポーツクラブりんぐるのサイトへジャンプ

三条市体育協会公式サイト

トップページ > (一社)三条市体育協会について > (一社)三条市体育協会規則

一般社団法人三条市体育協会規則

一般社団法人三条市体育協会規則

第1章 総 則

第1条 本会は、三条市体育協会と称する。

第2条 本会の事務所を、三条市荒町二丁目1番8号、三条市体育文化センター事務室に置く。

第2章 目的及び事業

第3条 本会は、三条市における体育・スポーツ団体を統括し、市民のスポーツ環境の発展やスポーツ人口の増大を目指し、「楽しむスポーツ」「競うスポーツ」「ジュニアスポーツ」を三本柱に、市民がスポーツを通じていつまでも健康で楽しい生活が送れるように活動する事を目的とする。

第4条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

  1. (1)市民の健康増進を目的とした体力向上と生涯スポーツの推進を図ること。
  2. (2)幼少期からの体力向上を図り、ジュニアスポーツを推進すること。
  3. (3)競技者の競技力向上を図ること。
  4. (4)加盟団体の強化発展と相互の連携を密に図ること。
  5. (5)スポーツ指導者の育成を図ること。
  6. (6)各種競技会、講習会及びスポーツに関する各種事業を計画実施し、又は援助すること。
  7. (7)市より受託した体育施設管理運営を行うこと。
  8. (8)総合型地域スポーツクラブ「りんぐる」の運営を行うこと。
  9. (9)三条市スポーツ少年団の事務局運営を行うこと。
  10. (10)スポーツに関する情報収集及び提供を行うこと。
  11. (11)スポーツに関する調査研究を行うこと。
  12. (12)スポーツに関する功労者及び優秀指導者・競技者の表彰を行うこと。
  13. (13)スポーツに関する宣伝、啓発を図ること。
  14. (14)その他目的を達成するために必要な事業を行うこと。

第3章 組 織

第5条 本会は、三条市内の各種競技団体で、本会の定める加盟規定を具備し、 理事会の承認を得た加盟団体及び統括団体をもって組織する。

  1. (1)加盟団体とは、種目別競技団体を指す
  2. (2)統括団体とは、種目問わずある一定の目的をもって組織されたスポーツ団体を指す

第6条 本会は、公益財団法人新潟県体育協会に加盟する

第7条 本会は、加盟団体及び統括団体がその資格を失ったとき又は、加盟団体・統括団体の責 任の立場にあるものが著しく社会的に不適当と認められたときは、理事会の議決を経て改善の 勧告又は脱会、除名させることができる。

第4章 会 計

第8条 本会の資産は、次のとおりとする。

  1. (1)加盟団体・統括団体の負担金
  2. (2)補助金
  3. (3)本会の事業に賛同せる賛助会員会費
  4. (4)寄付金品
  5. (5)指定管理者受託に伴う収入
  6. (6)総合型地域スポーツクラブ「りんぐる」の運営に伴う事業収入
  7. (7)その他の収入

第9条 前条第1項第1号の金額は、理事会に於いて定める。

第10条 第8条第1項第4号で、寄付者の指定あるものは、その指定に従う。

第11条 本会の会計のうち、現金は、理事会の議決によって定期預金するか、普通預金として会長が保管する。

第12条 本会の事業遂行に要する費用は、資産及び資産から生じる果実並びに他をもって支弁する。

第13条 本会の事業計画並びに収支予算案は、毎会計年度開始前に会長が作成し理事会の議決を得なければならない。

第14条 本会の収支決算は、毎会計年度終了後1か月以内に会長が作成し、財産目録及び事業報告とともに監事の意見をつけて、理事会の議決を得なければならない。
2 本会の収支決算に剰余金があるときは、理事会の議決を経て翌年度に繰り越すことができる。

第15条 本会の事業遂行上、必要に応じ特別会計を理事会の議決を経て設けることができる。

第16条 本会の収支予算で定めるもののほか新たに負担の義務が生じた場合、理事会の議決を得なければならない。

第17条 本会の会計年度は、毎年4月1日より始まり翌年3月31日に終わる。

第5章 役員等

第18条 本会に次の役員及び職員を置く。

会長 1名
副会長 若干名
相談役理事 若干名
理事長 1名
副理事長 若干名
常任理事 15名
理事 若干名
監事 2名
事務局長 1名
施設長 1名
クラブマネージャー 1名
職員 若干名

第19条 会長は、常任理事会で推挙し、理事会で決定する。
2 会長は、本会を代表し、会務を掌理する。

第20条 副会長及び相談役理事は、会長が選出し理事会で推挙する。
2 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは、会長の職務を代行する。
3 相談役理事は、理事会に出席して意見を述べることができる。

第21条 理事は、各加盟団体と各統括団体より2名選出する。ただし、新規で理事に選出する場合は1名を再任、1名を新選出とする。
2 会長は、選出理事のほか市内有識者の中から、理事会の承認を得て理事に委嘱することができる。
3 理事は、理事会を組織し、本会規則の中で定める事項を決定し、会務を遂行する。

第22条 常任理事は、理事会において互選し、本会の常務を処理する。

第23条 理事長及び副理事長は、理事会の議決を経て、会長が委嘱する。
2 理事長は、会長の命をうけて、会務を掌理する。
3 副理事長は、理事長を補佐し、理事長事故あるときは、理事長の職務を代行する。

第24条 監事は、理事会の議決を経て、会長が委嘱する。
2 監事は、理事会及び常任理事会に出席して、意見を述べることができる。

第25条 本会に、名誉会長及び顧問並びに相談役を置くことができる。
2 名誉会長及び顧問並びに相談役は、本会の会長、副会長であった者並びに本会及び本市スポ-ツの振興に特に貢献され、又は協力された者の中から常任理事会で選任をまとめ、理事会の推挙を経て会長が委嘱する。
3 名誉会長及び顧問並びに相談役は、会長の諮問に応じるほか理事会、常任理事会の諮問に応じることができる。

第26条 本会の事務を処理するため、事務局長・施設長・クラブマネージャー・職員を置く。
2 事務局長・施設長・クラブマネージャーは、常任理事会で選任し、理事会の議決を経て会長が委嘱する。
3 事務局長は、会長並びに理事長の命を受けて、本会の会務遂行に必要な事務処理を行う。
4 職員は、本会の会務に必要な庶務、経理、文書の収発及び体育施設の管理・運営業務、 りんぐる運営に係わる業務に伴う事務処理を行う。

第27条 本会の役員の任期は、2か年とする。ただし、再任は妨げない。
2 補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とし、増員による役員の任期は、他の役員の残任期間とする。
3 役員は、任期を満了しても後任者が就任するまではその残務を行う。

第28条 本会の役員(事務局長及び施設長・クラブマネージャー、職員等を除く)は、すべて無給とする。ただし、職務のために要した費用については、規定の弁償を受けることができる。
2 事務局長及び施設長・クラブマネージャー、職員等の給与等は、別に定める。

第6章 会 議

第29条 理事会は、会長が招集する。
2 理事の過半数以上の者から、会議の目的事項を示して請求があったときは、会長は2週間以内に理事会を招集しなければならない。
3 理事会の議長は理事長とする。

第30条 理事会は、理事在数の3分の1以上が出席しなければ開会することができない。ただし、同一議題について再度招集したときは、この限りでない。
2 理事会に出席できない理事は、委任状をもって出席したものとみなす。

第31条 理事会の議事は、出席理事の過半数で決め、可否同数のときは議長がこれを決する。

第32条 会長が理事会を招集するいとまのない緊急を要する事項については、理事会の議決を経ないで処理することができる。
2 前項の場合、次の理事会において報告しなければならない。

第33条 常任理事会は、会長が招集する。
2 常任理事の過半数の者から会議の目的を示して常任理事会招集の請求があったときは、会長は2週間以内に常任理事会を招集しなければならない。
3 常任理事会の議長は会長とする。

第34条 常任理事会は、常任理事の過半数の者が出席しなければ会議を開くことができない。
2 常任理事会の議事は、出席常任理事で審議する。

第35条 常任理事が常任理事会に出席できないときは、委任状をもって出席したものとみなす。

第36条 会長、副会長、相談役理事、理事長、副理事長、監事は、すべての会議に出席して意見を述べることができる。

第7章 専門委員会

第37条 本会は、理事会の議決を経て事業遂行のため専門委員会を設けることができる。
2 専門委員会に関する規程は、理事会で別に定める。
3 専門委員会の委員長及び副委員長は、必要に応じ常任理事会、理事会に出席して意見を述べることができる。

第8章 賛助会員(サポーターズ会員制度)

第38条 本会の目的を遂行するために必要な資金の調達のため、特に本会の目的に賛同せられた篤志の者を賛助会員とし、別に賛助会員制度内規を設けることができる。
2 前項賛助資金の適正な運用並びに管理については、理事会の議決を経て行使する。

第9章 規則の変更並びに改廃

第39条 本会の規則は、理事現在数の3分の2以上の同意を経なければ変更し、又は改廃することができない。

第10章 加入及び休会、退会

第40条 本会の加入は、別に定める加入規程を具備し、理事会の承認を経て加盟することができる。
2 本会よりの休会及び退会は、加盟種目の団体長をもってその理由を付し届け、理事会の承認を経なければならない。

第11章 スポーツ少年団

第41条 本会に、三条市内のスポーツ少年団によって構成する三条市スポーツ少年団を置く。
2 三条市スポーツ少年団の設置については、理事会において定める。

第42条 第4条9項のとおり三条市スポーツ少年団の事務局は、本会の事務局内に置く。

第43条 三条市スポーツ少年団の運営・活動については、三条市スポーツ少年団本部にて行う。

第12章 総合型地域スポーツクラブ「りんぐる」

第44条 第4条8項のとおり、本会に、総合型地域スポーツクラブ「りんぐる」を置く。

第45条 総合型地域スポーツクラブ「りんぐる」の規則は別途定める。

第46条 総合型地域スポーツクラブ「りんぐる」の事業運営は運営委員会にて行う。

第13章 補 則

第47条 この規則の施行についての必要な事項は、理事会の議決を経て別に定める。

附 則

この規則は平成17年 7月 1日より施行する。

附 則

この規則は平成20年 3月20日より施行する。

附 則

この規則は平成27年  4月 1日より施行する。



三条スポーツ少年団のブログへジャンプ